Loading...

BeiQi RK3399Pro AIoT 96Boards Compute SoM

SKU
102110279
¥12,433.12
在庫あり
-
+
  • Tags:

PRODUCT DETAILS

TB-96AIは、人工知能分野向けの強力なコアボードです。 開発されたキャリアボードを完全な開発ボードまたは評価ボードとして構成し使用できます。 さらに、ボードは顧客の実際ニーズに応じてカスタマイズされたり、産業用アプリケーションマザーボードにされたりして、産業用オートメーション、UAV、画像検出、顔認識、エッジコンピューティングゲートウェイ、クラスターサーバー、知能指数表示、自動運転、医学、また医療機器、ロボット、インテリジェント小売などの市場セグメントのニーズに対応できます。

メインコントロールチップについて、TB-96AIはRK3399Proを採用します。一方、TB-96AIoTはRK1808を採用します。

特性

  • 6コア 64-bit プロセッサ、用途の広いコンピューティング機能
  • デュアルコア ARM Cortex-A72 MPcore プロセッサとクアッドコアARM Cortex-A53 MPcore プロセッサ両方も、高性能、低電力消費、アプリケーション キャッシュサポート のプロセッサである。
  • CPUクラスターが2つある。デュアルコアCortex-A72を備えた大きなクラスターは高性能のために最適化され、クアッドコアCortex-A53を備えた小さなクラスターは低電力のために最適化されています
  • ARMアーキテクチャv8-A命令セット、ARM Neon Advanced SIMD(単一命令、複数データ)の完全な実装により、メディアおよび信号処理の高速化を実現する
  • 8 bit/16 bit 操作をサポート、最大3.0 TOP(INT8推論)までのAIコンピューティング能力
  • 全負荷計算は強力で、軽負荷動作の消費電力は低いです。
  • Caffe / Mxnet / TensorFlowモデルと互換性があり、複数のフレームワークをサポートし、主流のレイヤータイプをサポートし、カスタムレイヤーを簡単に追加できる。
  • 使いやすい開発ツールを提供し、PCは、モデル変換、性能予測、精度の検証を完了することができる。
  • AIアプリケーション開発インターフェイス搭載:Android NN API、RKNNクロスプラットフォームAPI、Linux、TensorFlow開発をサポート;
  • 強力なマルチメディア処理性能
  • 統合されたクアッドコアARM Mali-T860MP4 GPUで、OpenGL ES1.1 / 2.0 / 3.0、OpenCL1.2、Directx11.1などをサポートし、帯域幅圧縮技術も強化する
  • 強力なハードウェアコーデック機能
    • 4K VP9 および4K 10bits H265/H264 ビデオの60fpsものデコードをサポートする
    • 1080P 多様式ビデオのデコードをサポート(VC-1, MPEG-1/2/4, VP8)
    • 1080Pビデオエンコード、H.264、VP8フォーマットをサポート
  • ビデオI/Oインタフェースは多数である
    • デュアルカメラインタフェース: 2つのISPイメージプロセッサを備えた2つのMIPI-CSI入力インターフェイスがある
    • ディスプレイ出力インタフェース:interface: 2つのVOPが埋め込まれ、デュアルスクリーン同時/デュアルスクリーンディスプレイをサポートする。そして次のディスプレイインタフェースから出力することを選択できる。
  • 拡張用のインタフェースが多い
    • Type-C/DP×1、OTG
    • USB2.0×2、HOST
    • USB3.0×1:RK3399Proの設計によると、NPUはUSB3.0にマウントする必要があるため、USB3.0をNPUに接続する必要がある。 USB3.0インタフェースの拡張が必要な場合は、HUBが必要となる。
    • SDMMC×1
    • SPI×1
    • CPU Debug UART×1、NPU Debug UART×1
    • UART×1
    • I2S×1
    • SDIO×1
    • I2C×1
    • PCIe×1
    • PWM×2
    • GPIO、詳細なGPIO定義については、インターフェイスの定義を参照してください。
    • ADC×3:1つはボタン用、1つはヘッドセットマイク検出用、もう1つはユーザー定義可能な使用に用いる
  • より多くの安定性と信頼性のための高速オンボードコネクタ
    • 高速信号安定性のためのPanasonic高速オンボードコネクタが4つ
    • コアボードは、4本のネジで固定でき、様々な作業環境に応じる。
  • 多数のオペレーティングシステムのサポート
    • Android、Linux、Ubuntuをサポートする
    • USBインタフェースを介したUディスクのアップグレードをサポート
  • ハードウェア情報
    • 回路図に合うデザイン
    • コネクタ PCB パッケージ
    • コアボードのサイズ
    • Pin definition、インタフェース・パッケージ
  • ソフトウェア情報
    • Software 開発ガイド.pdf
    • ツール:RK ドライバ・アシスタント、ファームウェアのアップグレードツール、など
    • ファームウェア: Android ファームウェア、Linux ファームウェア
    • ソースコード:Android SDK ソースコード

    仕様

    基本的パラメータ
    SoC Rockchip RK3399Pro
    GPU ARM® Mali-T860 MP4 Quad-core GPU
    Support OpenGL ES1.1/2.0/3.0/3.1, OpenVG1.1, OpenCL, DX11
    Support AFBC (frame buffer compression)
    CPU Dual-core Cortex-A72 up to 1.8GHz
    Quad-core Cortex-A53 up to 1.4GHz
    NPU

    Support 8bit/16bit operation, computing power up to 3.0TOPS

    Full load computing power, low load operation power consumption is low

    Compatible with Caffe/Mxnet/TensorFlow model, support multiclass framework, support mainstream layer type, easy to add a custom layer

    Provides easy-to-use development tools, PC-based model conversion, performance estimation, and accuracy verification

    Provide AI application development interface: support Android NN API, provide RKNN cross-platform API, Linux support TensorFlow development;

    VPU

    Support 4K VP9 and 4K 10bits H265/H264 video decoding, up to 60fps

    1080P multi-format video decoding (WMV, MPEG-1/2/4, VP8)

    1080P video encoding, support H.264, VP8 format

    Video post processor: de-interlacing, denoising, edge/detail/color optimization

    RAM

    3GB LPDRR3(CPU 2GB + NPU 1GB)

    フラッシュ

    16GB eMMC 

    ハードウェア特性
    Ethernet Built-in Gigabit Ethernet PHY chip, 10/100/1000Mbps adaptive
    カメラインタフェース

    MIPI-CSI×2,Dual camera interface (built-in dual hardware ISP, up to single 13Mpixel or dual 8Mpixel)

    ディスプレイインタフェース MIPI-DSI
    eDP
    DP
    HDMI (Support 480p/480i/576p/576i/720p/1080p/1080i/4k, support RGB format)
    オーディオポート

    I2S0:Support user extended use

    I2S1:Speaker×1, Headphone×1, MIC×1
    I2S2:HDMI interface audio output; DP interface audio output;

    Type-C USB3.0/DisplayPort 1.2,OTG
    USB

    USB3.0×1 (according to RK3399Pro design, NPU needs to be mounted on USB3.0, so USB3.0 needs to connect back to NPU, if you need to expand USB3.0 interface, you need external HUB);
    USB2.0×2, HOST

    拡張用ポート

    SDMMC(TF Card)×1;
    SPI×1;
    UART×3,One of the CPU Debug UARTs, one NPU Debug UART;
    I2C×6;
    SDIO×1;
    PCIe×1;
    PWM×2;
    GPIO,For detailed GPIO definitions, please refer to the interface definition;
    ADC×3,One for buttons, one for headset microphone detection, and one for user-definable use;

    入力電力 DC 5V

ECCN/HTS

HSCODE 8471504090
USHSCODE 8471410150
UPC

LEARN AND DOCUMENTS

Documentations

Learn

SHARED BY USERS

REVIEWS

Write Your Own Review
Only registered users can write reviews. Please Sign in or create an account

FAQ