the AI Hardware Partner
Toggle Nav
Loading...

SeeedStudio GD32 RISC-V開発ボード

今度の新製品SeeedStudio GD32 RISC-V 開発ボードは、性能のより抜群なGD32VF103VBT6 MCU、より多くのI/O、オンボードのフラッシュ、通信インタフェースなどを搭載します。

¥1,034.13
在庫切れ
  • 10+: ¥974.18

PRODUCT DETAILS

Tip

SeeedStudio GD32 RISC-V 2.8LCD付きキットもリリースされました。

 

Seeedにより開発されたもう1つのRISC-V ボードです。今度の新製品SeeedStudio GD32 RISC-V 開発ボードは、性能のより抜群なGD32VF103VBT6 MCU、より多くのI/O、オンボードのフラッシュ、通信インタフェースなどを搭載します。つまり性能がより優れて、ご要望に応じられ、ボードで GUIのことも可能です。

 

SeeedStudio GD32 RISC-V開発ボードは、 108MHzまで至るGD32VF103VBT6 MCUをベースとします。GD32VF103デバイスは RISC-V コアを搭載する32-bit汎用マイクロコントローラであり、そのオンチップのフラッシュメモリは128 KB、SRAMメモリは32 KBです。それに、多種のインタフェース:5つのU(S)ART、2つのI2C、3つSPI、2つのI2S、2つのCAN2.0、1つのUSBFS もあります。

 

GD32VF103のすべてのI / Oピン(合計80個のGPIO)を分解し、多様な開発ニーズに対応できます。オンボード8MBのフラッシュと256ByteのEEPROMで、複雑なプロジェクトにも対応できます。また開発ボードに、LCD、type c USBポート、TFカードスロット、2つのユーザボタン、3つのユーザLEDが備えられました。 

 

SeeedStudioは今、 RISC-V ソフトウェアのエコシステムで業務を広げていきます。Seeedstudio gd32は PlatformIO IDE  Arduino framework でも働けます。Arduino APIで開発できるし、既存のArduinoアプリケーションをコピーしてそれを実行させることも可能です。

 

その上、本製品に対応する Seeed_Arduino_LCD もリリースされました。それは Bodmer's TFT_eSPIをベースとする軽量型のGUIです。TFT_eSPIを利用して製品の開発ができますし、またTFT_eSPIIに基づくアプリケーションを取得し、それらを直接実行もできます。

 

SeeedStudio GD32ボードでGUIを実行できるため、 弊社よりそのLCDキットも購入できます。下の図をクリックして、その商品ページへ移行します。

特性

  • GD32VF103VBT6 RISC-V MCU @108MHz
  • 128KB オンチップフラッシュ + 8MB オンボードフラッシュ
  • LCD インタフェース:16-bit 8080 インタフェース と SPI タッチ対応スクリーン制御インタフェース
  • USB Type C
  • GUI サポート

ハードウェア概要

ピンアウト 

デモ

寸法

パッケージ内容

パッケージ内容
SeeedStudio GD32 RISC-V 開発ボード x1
2x24 ピンヘッダー x2

 

ECCN/HTS

HSCODE 8517180050
USHSCODE 8543708800
UPC
EUHSCODE 8543709099
COO CHINA
RoHS 1

LEARN AND DOCUMENTS

SHARED BY USERS

REVIEWS

Write Your Own Review
Only registered users can write reviews. Please Sign in or create an account

FAQ