Loading...

Seeeduino Lotus Cortex-M0+

SKU
102010228

SAMD21マイクロコントローラー開発ボードです。Seeeduino Lotus V1.1のアップグレードバージョンであり、より強力なチップが置き換えられ、回路レイアウトが最適化され、電源供給がより安定になります。

¥1,036.83
在庫切れ
  • 10+: ¥994.94
  • 20+: ¥963.52
  • More
  • 50+: ¥932.10
  • Less
-
+
  • Tags:

PRODUCT DETAILS

Seeeduino Lotus Cortex-M0 +とは、SAM D21マイクロコントローラー開発ボードです。 Atmel®| SMART™SAM D21は、256KBフラッシュと32KB SRAMを搭載した32bit ARM®Cortex®-M0+プロセッサを使用した低電力マイクロコントローラシリーズ製品です。 Seeeduino Lotus Cortex-M0 +は、SeeeduinoとBase Shieldの組み合わせたものと考えられます。 

Seeeduino Lotus Cortex-M0 +は、14つのデジタルI/O(うちの10つはPWMをサポート)と6つのアナログ入出力、3つのシリアル通信インタフェース、12つのGroveコネクタ、1つのマイクロUSBコネクタ、JST2.0 Li-Poコネクタ、リセットボタンを備えます。

Seeeduino Lotus Cortex-M0 +はSeeeduino Lotus V1.1のアップグレードバージョンであり、より強力なチップが置き換えられ、回路レイアウトが最適化され、電源供給がより安定になります。 このチップは直接USBレベル出力をサポートしているため、CP2102NのようなUSBチップへのシリアルポートは不要です。 したがって、ユーザにはもう1つのハードウェアシリアルポートが利用できます。   

商品特性

      • Arduino UNOと互換性がある
      • ARM® Cortex®-M0+ 32bit 48MHz マイクロコントローラ(SAMD21)
      • オンボードのGroveコネクタは12つある
      • 14 Digital I/O Pin (10つはPWM出力サポート)
      •  アナログ入力6つ
      • PowerPath マネージャ・サポート
      • micro-usbもしくはLi-Po バッテリで電源を供給する可能
      • 最大2Aの充電電流
      • <span低電力消費

 

ご注意

全てのI/O pinも入力電圧が3.3Vで、CPUの損壊のことがないように、入力電圧を3.3V未満のようにしてください。

ハードウェア概要



Pinout


ECCN/HTS

HSCODE 8543709990
USHSCODE 8517620090
UPC

LEARN AND DOCUMENTS

Learn

This is the wiki page for this product, which will show you how to use the product, as well as details about the software and hardware.

SHARED BY USERS

REVIEWS

Write Your Own Review
Only registered users can write reviews. Please Sign in or create an account

FAQ