Loading...

Sipeed Lichee Nano Linux 開発ボード 16M Flash

SKU
102110199

Allwinner F1C100s ARM9プロセッサを搭載したSDカードサイズのLinux開発ボードです。

¥697.03
在庫あり
  • 2+: ¥654.78
  • 50+: ¥623.10
-
+
  • Tags:

PRODUCT DETAILS

Lichee Nanoは、Allwinner F1C100s ARM9プロセッサを搭載したSDカードサイズのLinux開発ボードです。

技術仕様

  • CPU

-Allwinner F1C100s、ARM 926EJS processor、最高900MHz

  • メモリ&ストレージ

-32MB DDR integrated into SoC, 16MB SPI Flash
-Onboard TF Slot, can be boot from TF Card,

  • ディスプレイ

-40ピンRGB LCD FPCコネクター、272 x 480、480 x 800、1024 x 600(およびアダプターボードを介した容量性ディスプレイ)をサポート
-720Pビデオ出力をサポート、H.264 / MPEGなどのビデオストリームデコードをサポート

  • 通信インターフェース

-SDIO for WiFi module
-SPI x2
-TWI x3
-UART x3

-OTG USB x1

-TV out

  • 他のインターフェース

-PWM x2

-LRADC x1

-ヘッドフォン出力 x2
-Mic x1

  • 電気特性

-マイクロUSBポート経由で5V、ピン経由で3.3〜5Vを入力
-出力– 3.3V、選択可能な入力RTC電圧
-消費電力: Linuxでは54mA(アイドル)、ディスプレイでは250mA
-温度範囲:-40〜125°C; 動作時:-20〜70°C

ソフトウェアおよび開発環境

  • 3.10 BSP linux
  • 4.19 mainline linux
  • xboot bare metal development environment
  • RT-Thread

適用シナリオ

  • より複雑な通信インターフェイスとプロトコルを使用するIoTアプリケーション
  • より複雑なロジックを必要とするヒューマンコンピュータインタラクション(human-computer interaction)インターフェースのアプリケーション
  • (一般的なMCUとは対照的に)より多くの操作を必要とするアプリケーションシナリオ
  • 迅速な開発シナリオのためにLinuxでオープンソースソフトウェアを使用する必要がある場合
  • High-end geek players balance in size, performance and ease of use.
  • エントリーレベルのプレイヤー、ソフトウェアエンジニア、使い慣れた言語を使用した自作ハードウェア
サイズと重量
コアボードサイズ 25.4x33.0mm
コアボード重量 4.2±0.2g
注意事項
起動 カードブート(またははんだSPIフラッシュ)が必要です。
システムデバッグシリアルポート UART0
USBインターフェース OTG USB、電源、および通信
動作温度 -20~70℃
部品リスト
Lichee Nano x1
OTG x1

ECCN/HTS

HSCODE 8517709000
USHSCODE 85177000
UPC

LEARN AND DOCUMENTS

REVIEWS

Write Your Own Review
Only registered users can write reviews. Please Sign in or create an account

FAQ