Loading...

Sipeed Lichee Nano Linux 開発ボード 16M Flash

SKU
102110199

Allwinner F1C100s ARM9プロセッサを搭載したSDカードサイズのLinux開発ボードです。

¥689.57
在庫あり
  • 2+: ¥647.78
  • 50+: ¥616.43
-
+
  • Tags:

PRODUCT DETAILS

Lichee Nanoは、Allwinner F1C100s ARM9プロセッサを搭載したSDカードサイズのLinux開発ボードです。

技術仕様

  • CPU

-Allwinner F1C100s、ARM 926EJS processor、最高900MHz

  • メモリ&ストレージ

-32MB DDR integrated into SoC, 16MB SPI Flash
-Onboard TF Slot, can be boot from TF Card,

  • ディスプレイ

-40ピンRGB LCD FPCコネクター、272 x 480、480 x 800、1024 x 600(およびアダプターボードを介した容量性ディスプレイ)をサポート
-720Pビデオ出力をサポート、H.264 / MPEGなどのビデオストリームデコードをサポート

  • 通信インターフェース

-SDIO for WiFi module
-SPI x2
-TWI x3
-UART x3

-OTG USB x1

-TV out

  • 他のインターフェース

-PWM x2

-LRADC x1

-ヘッドフォン出力 x2
-Mic x1

  • 電気特性

-マイクロUSBポート経由で5V、ピン経由で3.3〜5Vを入力
-出力– 3.3V、選択可能な入力RTC電圧
-消費電力: Linuxでは54mA(アイドル)、ディスプレイでは250mA
-温度範囲:-40〜125°C; 動作時:-20〜70°C

ソフトウェアおよび開発環境

  • 3.10 BSP linux
  • 4.19 mainline linux
  • xboot bare metal development environment
  • RT-Thread

適用シナリオ

  • より複雑な通信インターフェイスとプロトコルを使用するIoTアプリケーション
  • より複雑なロジックを必要とするヒューマンコンピュータインタラクション(human-computer interaction)インターフェースのアプリケーション
  • (一般的なMCUとは対照的に)より多くの操作を必要とするアプリケーションシナリオ
  • 迅速な開発シナリオのためにLinuxでオープンソースソフトウェアを使用する必要がある場合
  • High-end geek players balance in size, performance and ease of use.
  • エントリーレベルのプレイヤー、ソフトウェアエンジニア、使い慣れた言語を使用した自作ハードウェア
サイズと重量
コアボードサイズ 25.4x33.0mm
コアボード重量 4.2±0.2g
注意事項
起動 カードブート(またははんだSPIフラッシュ)が必要です。
システムデバッグシリアルポート UART0
USBインターフェース OTG USB、電源、および通信
動作温度 -20~70℃
部品リスト
Lichee Nano x1
OTG x1

ECCN/HTS

HSCODE 8543709990
USHSCODE 8471410150
UPC

LEARN AND DOCUMENTS

SHARED BY USERS

REVIEWS

Write Your Own Review
Only registered users can write reviews. Please Sign in or create an account

FAQ