Loading...

Sipeed MaixCube オールインワンAI開発プラットフォーム K210 (RISC-V)搭載

SKU
102110425

Sipeed MaixCubeは、Kendryte K210コアを搭載したM1nモジュールに基づくオールインワン開発プラットフォームです。 カメラ、TFカードスロット、ユーザーボタン、TFTディスプレイ、リチウム電池、スピーカー、マイク、および拡張インターフェイスが装備されています。Sipeed MaixCubeを利用して、誰もが便利にAI開発を学び始めることができます。

¥2,607.53
在庫あり
-
+

PRODUCT DETAILS

特徴

  • 豊富なインターフェイスが搭載している一体化開発プラットフォーム
  • K210 RISC-V 64ビットデュアルコアCPU
  • ヘビーマシンビジョンアプリケーション向けの最大1TOPSの計算能力
  • 内蔵されているFPU、KPU、FFTハードウェアアクセラレーションユニット
  • 高品質のオーディオ処理ができる内蔵APU

製品詳細

Sipeed MaixCubeは、人工知能を使用したオブジェクト認識に最適な一体化開発プラットフォームです。

Sipeed MaixCubeは、Kendryte K210コアを搭載したM1nモジュールに基づくオールインワン開発プラットフォームで、カメラ、TFカードスロット、ユーザーボタン、TFTディスプレイ、リチウム電池、スピーカー、マイク、拡張インターフェイスが装備されています。Sipeed MaixCubeを利用して、誰もが便利にAI開発を学び始めることができます。

MaixCubeのメインコントロールチップとして機能するKendryteK210は非常に強力です。 64ビットのデュアルコアプロセッサチップと8MのオンチップSRAMが組み込まれています。 AIマシンビジョンおよび聴覚アプリケーションで卓越したパフォーマンスを発揮します。 KPU、FPU、FFTなどのさまざまなハードウェアアクセラレーションユニットがあり、総計算能力は最大1TOPSで、さまざまなアプリケーションシナリオのマシンビジョン/聴覚アルゴリズムを便利に実現でき、音声スキャンと音声データ出力の前処理も実行できます。

ユーザーはMaixCubeを使用して、顔認識アクセス制御システムを簡単に構築できます。

幅広いSipeedモジュール(SP-MOD)をサポート

MaixCubeのSP-MODインターフェイスは、標準の2.54mm 2x4ピンメスヘッダーで、Vcc、GND、および6つの信号を備えているため、さまざまなSP-MODモジュールに接続して、AIプロジェクトをさらに拡張できます。

1Handle Module8SP-MOD One-to-Multi-Adapter Board
2 USB In-line Module 9 1.14 inch LCD module
3 Microphone Array Adapter Board 10 Single point ToFu Module
4 Weather Station Module 11 FPC Extension Module
5 PSRAM Module 12 Bluetooth Module
6 Credit Card Module 13 Ink Screen Module
7 Grove Adapter Board 14 LoRa Module

MaixPyとは何ですか?

MAIX製品シリーズを使用する前に、MaixPyプロジェクトを理解する必要があります。 Alモジュールをすばやく使用するのに役立ちます。

MaixPyはMicropythonをK210チップに移植するプロジェクト(K210でMicropythonパーサーを実行)です。つまり、ユーザーは最終的にMicropythonプログラミングを通じてK210チップの機能を制御できます。 たとえば、ファームウェアに組み込まれた顔認識アルゴリズムをMicropythonプログラミングを介して直接呼び出し、Micropythonファイルを生成します。これをFlashチップにダウンロードして実行できます。 さらに、MaixPyはMCUの通常の動作をサポートし、マシンビジョンとマイクアレイを統合して、AIoTの分野でインテリジェントアプリケーションを迅速に開発し、非常に低コストで実用性を備えています。

MaixCubeの開発環境は何ですか?

デフォルトでは、ボードにはMaixPyファームウェアが書き込まれています(ファームウェアのソースコードはオープンソースで、Githubからダウンロードできます)。 MaixPyは、開発者が直接呼び出すことができるさまざまな関数ライブラリを開発しました。 Maixシリーズ製品は、Sipeedチームが開発したMaix IDEを使用していて、 ソフトウェアはインストール不要です。 ダウンロード後、MaixPyを直接使用してMicropythonスクリプト構文を使用できます。 開発者は、コンピューターでスクリプトを編集して開発ボードにアップロードし、開発ボードで直接スクリプトを実行できます。 IDEはカメラ画像をリアルタイムで表示し、ファイルを開発ボードに保存できるため、開発に非常に便利です。

MaixPyIDEに加えて、開発者はArduinoIDE、PIatformIO IDE、およびその他の開発環境も使用できます。詳細については、下記の技術情報を参照してください。

Note

K210 RISC-Vについて、詳しいのは下記の記事を読んでください。

1.RISC-V Based Development Boards Collection

2. Get Started with K210: Hardware and Programming Environment

Tip

SeeedはSipeedシリーズの様々な製品を提供しています。ご購入はこちらへ。

技術情報

Kendryte K210
Core RISC-V Dual-Core 64-bit, with FPU
Frequency 400MHz (overclockable to 600MHz)
SRAM Built-in 8M Byte
Image recognition QVGA @ 60fps / VGA @ 30fps
Voice recognition Microphone array (8mics)
Network Model supports YOLOv3/TinyYOLOv2/face recognition, etc.
Deep learning framework Support frameworks such as TensorFlow / Keras / Darknet / Caffe
Peripherals FPIOA, UART, GPIO, SPI, PC, PS, TIMER
Hardware acceleration unit KPU convolution operation accelerator
FPU floating point accelerator
APU Audio processor
FFT Fourier transform accelerator
MaixCube Module
Onboard Peripherals Button x 3
Camera x 1
RGB LED x 2
1.3 inch TFT screen
Electret Microphone x 1
128Mbit Flash x 1
Accelerometer x 1
Onboard Interfaces USB Type-C Interface
Audio interface (supports external speakers)
TF card slot
Grove standard interface
SP-MOD interface (supports SP-MOD interface module)
Power supply USB-Type-C / Internal lithium battery (200mAh)
Software Development
Operating system FreeRTOS, Linux
Face recognition Recognition accuracy up to 98%
Development environment MaixPy IDE, PlatformlIO IDE, Arduino IDE, etc.
Programming languages C, C ++, MicroPython

適用シナリオ

  • 顔検出
  • 物体認識
  • FFTスペクトル分析
  • ゲームシミュレーション

ハードウェア


寸法

内容物

1 x Sipeed MaixCube オールインワンAI開発プラットフォーム K210 (RISC-V)搭載

ECCN/HTS

HSCODE 8543709990
UPC

LEARN AND DOCUMENTS

Documentations

Learn

REVIEWS

Write Your Own Review
Only registered users can write reviews. Please Sign in or create an account

FAQ