the AI Hardware Partner
Toggle Nav
Loading...

Grove 赤外線サーマルカメラ/ IRアレイ MLX90640 55度 - Grove Thermal Imaging Camera / IR Array

MLX90640 IRアレイを搭載した、±1.5℃の精度で離れた場所から物体の温度を検出でき、赤外線画像も表示できる赤外線センサーです。

¥7,734.89
在庫切れ
  • 10+: ¥6,945.62

PRODUCT DETAILS

Note

広角の赤外線サーマルカメラを購入したい場合は、Grove 赤外線サーマルカメラ/ IRアレイ MLX90640 110度をご覧ください。

製品特徴

  • 赤外線センサーアレイ 32X24(MLX90640)
  • 55°x35°FOV(field of view/視野範囲)
  • 広い温度測定範囲:-40℃〜300℃
  • 便利なI2C Groveインターフェース

製品詳細

周りの温度を検出できる熱センサーをお探しですか? この赤外線サーマルカメラは、周囲の温度値を測定できるだけでなく、赤外線画像も表示できて、温度変化を監視するための最良の選択です。

 

このカメラのFOV(視野)は55°x35°で、温度測定範囲は-40℃〜300℃です。32 x 24配列の熱センサー(MLX90640)が搭載されて、±1.5℃の精度で離れた場所から物体の温度を検出できます。 熱画像を簡単に取得するために、I2Cプロトコルを使用してカメラから低解像度画像を取得します。

 

このモジュールは、I2Cインターフェイス経由でMCUを接続しますが、カメラを駆動するには、20000バイトを超えるRAMを備えたMCUが必要ですので、Arduino Unoのような計算能力が低い開発ボードはこのカメラでは使用できません。IRカメラからの複雑なデータを処理できて、優れたパフォーマンスがあるArch Mixをお勧めします。

Note

このサーマルセンサーは、Seeeduino Lotus Cortex - M0などのSAMD21 / SAMD51を搭載している多くのArduinoボードおよびSeeeduinoボードで使用できます。 また、Raspberry Pi Zeroを含むRaspberry Piシリーズの全ての製品もサポートしています。

WikiでArduinoライブラリやPythonコードなどのすべてのライブラリを参考し、このIRカメラモジュールを数分で簡単に実行できます。

技術仕様

ItemsValues
動作電圧 3V-3.6V
消費電力 ~18mA
視野範囲 55°x 35°

温度測定範囲

-40°C-300°C
解像度 ±1.5°C
リフレッシュレート 0.5Hz-64Hz
インターフェース I2C Grove interface
I2C アドレス 0x33

部品リスト

  • 1* Grove 赤外線サーマルカメラ/ IRアレイ MLX90640 55度

Note

この製品にはGroveインターフェイスを備えていますので、接続するために専用のGroveケーブルが必要です。

ECCN/HTS

HSCODE 9031900090
USHSCODE 9018200080
UPC
EUHSCODE 9013101000
COO CHINA
EU DoC 1
RoHS 1
UK DoC 1

LEARN AND DOCUMENTS

Documentations

SHARED BY USERS

REVIEWS

Write Your Own Review
Only registered users can write reviews. Please Sign in or create an account

FAQ