Loading...

Grove 赤外線サーマルカメラ/ IRアレイ MLX90640 55度 - Grove Thermal Imaging Camera / IR Array

SKU
114020141

MLX90640 IRアレイを搭載した、±1.5℃の精度で離れた場所から物体の温度を検出でき、赤外線画像も表示できる赤外線センサーです。

PRODUCT DETAILS

Note

広角の赤外線サーマルカメラを購入したい場合は、Grove 赤外線サーマルカメラ/ IRアレイ MLX90640 110度をご覧ください。

製品特徴

  • 赤外線センサーアレイ 32X24(MLX90640)
  • 55°x35°FOV(field of view/視野範囲)
  • 広い温度測定範囲:-40℃〜300℃
  • 便利なI2C Groveインターフェース

製品詳細

周りの温度を検出できる熱センサーをお探しですか? この赤外線サーマルカメラは、周囲の温度値を測定できるだけでなく、赤外線画像も表示できて、温度変化を監視するための最良の選択です。

 

このカメラのFOV(視野)は55°x35°で、温度測定範囲は-40℃〜300℃です。32 x 24配列の熱センサー(MLX90640)が搭載されて、±1.5℃の精度で離れた場所から物体の温度を検出できます。 熱画像を簡単に取得するために、I2Cプロトコルを使用してカメラから低解像度画像を取得します。

 

このモジュールは、I2Cインターフェイス経由でMCUを接続しますが、カメラを駆動するには、20000バイトを超えるRAMを備えたMCUが必要ですので、Arduino Unoのような計算能力が低い開発ボードはこのカメラでは使用できません。IRカメラからの複雑なデータを処理できて、優れたパフォーマンスがあるArch Mixをお勧めします。

Note

このサーマルセンサーは、Seeeduino Lotus Cortex - M0などのSAMD21 / SAMD51を搭載している多くのArduinoボードおよびSeeeduinoボードで使用できます。 また、Raspberry Pi Zeroを含むRaspberry Piシリーズの全ての製品もサポートしています。

WikiでArduinoライブラリやPythonコードなどのすべてのライブラリを参考し、このIRカメラモジュールを数分で簡単に実行できます。

技術仕様

ItemsValues
動作電圧 3V-3.6V
消費電力 ~18mA
視野範囲 55°x 35°

温度測定範囲

-40°C-300°C
解像度 ±1.5°C
リフレッシュレート 0.5Hz-64Hz
インターフェース I2C Grove interface
I2C アドレス 0x33

部品リスト

  • 1* Grove 赤外線サーマルカメラ/ IRアレイ MLX90640 55度

Note

この製品にはGroveインターフェイスを備えていますので、接続するために専用のGroveケーブルが必要です。

ECCN/HTS

HSCODE 9031900090
UPC

LEARN AND DOCUMENTS

Documentations

Learn

This is the wiki page for this product, which will show you how to use the product, as well as details about the software and hardware.

SHARED BY USERS

REVIEWS

Write Your Own Review
Only registered users can write reviews. Please Sign in or create an account

FAQ