Loading...

Wio Terminal: ATSAMD51& Realtek RTL8720DN BLE 5.0 & Wi-Fi 2.4G/5G 開発ボード

SKU
102991299

Wio Terminalは、Realtek RTL8720DNによる無線接続を備えたSAMD51ベースのマイクロコントローラで、ArduinoとMicroPythonによる開発をサポートしています。120MHz(最大200MHz)で動作し、4MBのフラッシュメモリ、192KBのRAMも搭載しています。Wio Terminalは Bluetooth と 無線LANの両方をサポートしており、IoT プロジェクトにも活用いただけます。Wio Terminalには2.4インチLCD、IMU(LIS3DHTR)、マイク、スピーカー、microSDスロット、光センサー、赤外線送信機(IR 940nm)など実用的なアドオンを内容しています。その上、拡張性を実現する多機能GroveGroveポートが二つ搭載しており、300以上のGroveモジュールに対応できます。Raspberry Piと互換性のある40ピンGPIOも搭載しています。

¥3,219.03
在庫あり
  • 10+: ¥3,175.97
  • 20+: ¥3,111.37
  • More
  • 50+: ¥3,068.31
  • Less
-
+

PRODUCT DETAILS

Note

Wio Terminalの開発と制作過程を記録したブログビデオブログを投稿しました。ぜひご覧ください!
日本語のウィキはこちらへ。

特徴

  • 強力なMCU:ARM Cortex-M4Fコアを備えたMicrochip ATSAMD51P19
  • 信頼性の高いワイヤレス接続:Realtek RTL8720DN、デュアルバンド2.4Ghz / 5Ghz Wi-Fi
  • ハイイングレーションの設計:2.4インチLCDスクリーン、IMUなど実用的なアドオンを、磁石と取り付け穴が内蔵されたコンパクトな筐体に収納
  • Raspberry Pi 40ピンと互換性あるGPIO
  • 300以上のGroveモジュールに対応できる
  • USB OTGサポート
  • Arduino、Micropython、ArduPy(ArduPyはなんですか?)、AT Firmware、Visual Studio Code対応
  • 技適認証取得済み、日本国内においても安心して使用できる。工事設計認証番号:210-140552

詳細

WioプラットフォームとはWireless Input and Outputの略で、Seeedによって2015年に発表されました。

Wio TerminalはWioシリーズの最新なメンバーです。 単一機能の組み込みモジュールではなく、完全なシステムであり、LCDスクリーン+開発ボード+I/Oインターフェイス+筐体を備えています。

Wio Terminalは、Realtek RTL8720DNによる無線接続を備えたSAMD51ベースのマイクロコントローラで、ArduinoとMicroPythonによる開発をサポートしています。120MHz(最大200MHz)で動作し、4MBのフラッシュメモリ、192KBのRAMも搭載しています。Wio Terminalは Bluetooth と 無線LANの両方をサポートしており、IoT プロジェクトにも活用いただけます。Wio Terminalには2.4インチLCD、IMU(LIS3DHTR)、マイク、スピーカー、microSDスロット、光センサー、赤外線送信機(IR 940nm)など実用的なアドオンを内容しています。その上、拡張性を実現する多機能Groveポートが二つ搭載しており、300以上のGroveモジュールに対応できます。Raspberry Piと互換性のある40ピンGPIOも搭載しています。

Groveはなんですか?

Groveを使用するによって、ジャンパーやはんだ付けが必要なくなり、プロトタイピングの接続、実験が大幅に簡単になります。 Seeedは300以上のGroveモジュールを開発し、さまざまなニーズを満たすことができる幅広いアプリケーションをカバーしています。 それぞれにドキュメントとサンプルコードも用意され、すぐに使い始めることができます。また、オープンハードウェアだけでなく、オープンソースソフトウェアもあります。

仕様

ハイイングレーションの設計

  • MCU、LCD、 無線LAN、Bluetooth、IMU、マイク、ブザー、microSDカード、プログラミング可能なボタン、光センサー、5方向スイッチ、赤外線送信機(IR 940nm)、暗号化
  • 磁石と2つの取り付け穴を備えた筐体により、手間をかけずにIoTプロジェクトをセットアップできる

強力なMCU - Microchip ATSAMD51P19

    • Arm® Cortex® -M4 with FPUコアが120MHzで動作(最大200MHz)
    • 512KB内蔵フラッシュ、192 KB RAM

幅広いインターフェース

  • SPI, I2C, I2S, ADC, DAC, PWM, UART(シリアル)

ワイヤレス接続機能

  • Realtek RTL8720DN
  • Dual Band 2.4Ghz / 5Ghz Wi-Fi (802.11 a/b/g/n)
  • BLE / BLE 5.0

USB OTG Support

  • マウス、キーボード、MIDIデバイス、Xbox / PSゲームコントローラ、3Dプリンタなどをコントロールできる
  • マウス、キーボード、MIDIデバイスなどとして利用できる

Grove Ecosystem

  • 300以上のGroveモジュールと互換性がある
  • 2つのオンボードGroveコネクタは、デジタル、アナログ、I2C、およびPWMに使用できる
  • ご注意:GroveをWio Terminalに接続するには、ツメなしのケーブルを使用してください

Raspberry Pi 40ピンと互換性あるGPIO

  • Raspberry Piに接続できる
  • Raspberry Pi HATを対応可能(追加のアダプタケーブルが必要)

対応できるソフトウェア

ArduPyはなんですか?

ArduPyはArduinoとMicroPythonの組み合わせです。詳しい情報はWikiGithubにて確認して下さい。

Demo


Wio TerminalとGrove – 赤外線温度センサーアレイ(AMG8833)を使用して、

手頃なIR赤外線画像カメラを作る

Wio Terminalでのレトロゲーム(Retro Game)

アプリケーション例

  • 機械学習用のデータ収集デバイス
  • レトロゲームデバイス
  • IoTデバイス
  • プロトタイピング
  • Raspberry Pi Hat

ピンアウト

仕様

詳しい情報とガイドはウィキ(英語日本語)にてご覧ください。

プロセッサー

メーカー部品番号

ATSAMD51P19

コア・プロセッサ

ARM® Cortex®-M4F

最大スピード

200MHz

外部フラッシュ

4MBytes

動作温度範囲

-40°C ~ 85°C (TA)

LCD 画面

解像度

320x240

ディスプレイサイズ

2.4inch

ドライバIC

ILI9341

無線接続

メーカー部品番号

RTL8720DN

KM4 CPU

ARM® Cortex®-M4F @ 200MHz

KM0 CPU

ARM® Cortex®-M0

Wi-Fi

802.11 a/b/g/n 1x1, 2.4GHz & 5GHz

Bluetooth

BLE5.0をサポート

基板

加速度計

LIS3DHTR

マイク

1.0V-10V -42dB

スピーカー

≥78dB @10cm 4000Hz

光センサー

400-1050nm

赤外線送信機

940nm

インターフェイス

microSDカードスロット

最大16GB

GPIO

40ピン (Raspberry Pi互換)

Grove

2 (多機能)

FPC

20-Pins

USB Type-C

電源 & USB-OTG

操作インターフェイス

5方向スイッチ

電源/リセットスイッチ

ユーザー定義ボタン * 3

ケース

寸法

72mm*57mm*12mm

素材

ABS+PC

部品リスト

  • Wio Terminal
  • USB Type-C ケーブル
  • マニュアル

 

ECCN/HTS

HSCODE 8543709990
UPC
FCC 1
CE 1

LEARN AND DOCUMENTS

Learn

Grove - 赤外線温度センサアレイ(AMG8833)とWio Terminalを使って、低コストの赤外線カメラを作る方法について紹介します。
Wio Terminalの基本設定と使い方について紹介します。
Wio TerminalでCircuitPythonをインストールして動作させる方法について紹介します。
Wio Terminalに公式的なArduino Tensorflow Lite libraryをインストールする方法について紹介します。これを参考して、Wio Terminalを使っているいくつかのの機械学習 (Machine learning)モデルをテストすることができます。
新型コロナウイルスAPIに訪問し、データを解析して新型コロナウイルスの生データをLCDスクリーンに展示する方法について紹介します。

REVIEWS

Write Your Own Review
Only registered users can write reviews. Please Sign in or create an account

FAQ